エイジングケア

お肌のたるみの原因を考える

悲しいかな人間の肌というのは年齢とともにたるみ、シワと言った老化現象が現れてきますよね。

 

朝起きてからいつまでたっても寝後が取れない、なんてことは熟年男女なら誰でも経験した事があるのではないでしょうか。

 

こういう現象はお肌のハリがなくなり、たるみが出てきているサインだそうです。

 

特に女性にとっては悩める肌のたるみですが、そもそもどうしてお肌のたるみはできてしまうのでしょうか。

 

若々しく美しい肌を維持するために必要なものを3つ上げるとすれば、筋肉、脂肪、皮膚の状態、これらがバランスよく保たれている事が重要です

 

若いころは何もしなくてもこれら3つの要素がバランスよく保たれているわけですが、年齢を重ねるごとにお肌のコラーゲンの減少やヒアルロン酸の減少により保湿力の低下が原因の一つとなります。

 

肌に適度な潤いがないというのは、たるみを引き起こしてしまう原因となります。

 

そしてその皮膚を支えている筋力の低下も肌のたるみの多きな原因といえます。

 

基本的に肌のたるみの原因はこういった老化による衰えという事になります。

 

老化現象は誰にも止める事は出来ないものですが、お肌の場合、日々のケアによってその速度を落とす事は可能です。

 

要するに、努力している人とズボラケアしている人とでは年々その違いが見た目として現れてくるという訳ですね。

 

では、肌のたるみ対策としてどういったケアを行えばいいのでしょうか。

 

まず、保湿クリームやジェル、化粧水といった保湿系コスメが多数ありますが、そういったものでお肌に十分な保湿を心がける。

 

それに加え、筋力の衰え対策としてマッサージや美顔体操などで表情筋を鍛えるなどが効果的です。

 

あと、基本的な事ですが、紫外線対策はお忘れなく、紫外線やシミの原因となるメラニンを作り出すだけでなく角質が硬く、水分を保てない肌になってしまいます。

 

紫外線は肌のたるみを引き起こす原因の一つとも言われているので、保湿ケア、表情筋の鍛錬と同じく実践していかないといけませんね。